AvalueはIntel🄬Coffee Lake搭載の高耐久ファンレス組込みシステム EPS-CFSを発表致します。

2019年7月9日 Avalue Technology Inc.(TAIEX:3479-TW)は第8/9世代のIntel🄬Coffee Lake プロセッサー搭載の高耐久ファンレス組込みシステムEPS-CFSを発表致します。EPS-CFSは費用対効果に優れ、低消費電力ながら高性能なCPUを搭載し過酷な環境での使用やマシンビジョンなどの高性能指向のアプリケーションに最適です。

EPS-CFSは、Intel®Q370 / H310 Expressチップセットを搭載し第8/9世代Intel®Coffee Lake Core™i7 / i5 / i3およびCeleron®プロセッサーに対応し、260ピンDDR4 SO-DIMMを最大16GBまでサポート可能な、強力なファンレス組込みシステムです。 また、USB 2.0 x2、USB 3.2 x4、RS-232 x2、Wi-Fiアンテナ取り付け穴 x2、8ビットGPIO x1、mSATA x1、2.5インチドライブベイ(内部)x2など豊富なI/Oも備えています。
EPS-CFSは最大4096 x 2304 @30Hz対応のHDMI出力ポートを2ポートと拡張用mPCIeスロットを1つ備えています。 また、2.5インチ用のドライブベイを2つ備えRAID0/1に対応しているので高速化や冗長化をすることもできます。2ポートあるギガビットイーサネットにはIPカメラを接続することができ、マシンビジョンなど高い処理能力を要求されるアプリケーションに最適な製品です。

■ EPS-CFSの主な特徴

第8/9世代Intel🄬プロセッサー搭載(6-core)
Intel🄬Q370/H310 Express Chipset
Intel®UHD Graphics 630/610
DDR4 2400/2666 SO-DIMMスロット x1(最大16GB)
mini PCIe拡張スロット
-10~60℃広範囲温度対応
RAID 0/1対応
TPM2.0対応

製品情報については下記サイトにてご確認いただけます。

■ EPS-CFS製品ページ

https://www.avalue.com.tw/products/Industrial-Computer/Embedded-Computer/Fanless-Embedded-System/EPS-CFS_2789

また、製品についてのお問合せは下記にお願い致します。

セールス&マーケティング部
Tel:03-5807-2321
Mail:
Web:http://www.avalue.co.jp/


Avalueについて

Avalue Technology Inc. (TAIEX:3479-TW、略称Avalue)は産業用コンピュータの専門メーカーとして、組込みシステム、シングルボードコンピュータ(SBC)、システムオンモジュール/(SoM/ETX)、産業用マザーボード、多目的パネルPC、ベアボーン製品などを含むx86アーキテクチャー製品の開発に専念してきました。また、事業領域の拡充により、PCB/組立/BIOSバージョンコントロールおよび各サービスに関するアフターセールスについて、専門知識の提供が可能です。ISO9001:2008の認定企業であり、ビジネスのあらゆる側面でお客様に信頼性をお届けします。Avalueは台湾に本社を置き、上海・米国ニュージャージー州およびカリフォルニア州・東京・デンマークにグローバルな子会社網を保有し、さらに世界中のお客様に製品を提供するため、大規模な流通ネットワークを展開しております。また、コンパルエレクトロニクスとの提携により、タブレット端末などの新製品やIoT分野に注力して参ります。